女性のクラミジアの検査方法

放置しておくと不妊の原因や他の性感染症への感染リスクが!

クラミジアを放置するとエイズ・淋病などへの感染率が5〜8倍に高くなるばかりか不妊の原因にもなってしまいます。気になる症状があるけど病院に行くのは…という方はSTD(性感染症)研究所の郵送検査が便利!周りに知られることなくコッソリ検査、結果もパソコンや携帯から知ることができます。国の認定事業者だから安心で確実です。

クラミジアのチェックと検査はこちらから

女性のクラミジアの検査方法とは?

女性がクラミジアの感染を疑う場合には、勝手な判断で行動するのではなくまず受診することが大切です。受診科目は性病科かもしくは婦人科がよいでしょう。

 

クラミジアの診察にあたってはまず問診をくわしく行います。特にここ数週間から数ヶ月に渡っての性交渉の有る無しは重要なポイントです。また問診では自覚があるかないかなどについてもくわしく質問します。

 

その後もしクラミジア菌が子宮頸管炎に進行していると考えられる場合には子宮頸管液などを採取します。

 

最も一般的な女性のクラミジアの検査方法としては、核酸増殖法(PCR法およびLCR法)や抗原検査法などが行われます。これらの検査方法はひじょうに感度や特異度が高く、苦痛も無く精度の高い検査が受けられるので広く行われています。

 

女性のクラミジアの検査方法である核酸増殖法(PCR法およびLCR法)や抗原検査法では、子宮頸管から分泌液を採取して行います。尿検査では不十分ですので注意が必要です。ちなみに男性の場合であれば同じ核酸増殖法(PCR法およびLCR法)や抗原検査法であっても尿検査で大丈夫です。

 

また注意が必要な点として、クラミジアの検査では治療が完了していても死菌となっているものから遺伝子が見つかれば陽性という結果が出てしまいます。そのためクラミジアの治療が完了しても少なくても2週間、または3週間の期間をおいて再検査を行う方がよいでしょう。

 

さらにクラミジアなどの性感染症の検査では、配偶者や性交渉の相手とのピンポン感染がよく起こります。そのためクラミジアの感染が疑われる際には、こうした相手とともに検査を受けて治療をすることが肝心です。

こんなに簡単ならもっと早くやってれば…STD(性感染症)研究所の郵送検査

感染しているかすぐに調べたい!この際気になる症状をまとめて調べたい…クラミジアのチェックと検査はこちらから

 

あの部分のかゆみ・臭い対策は大丈夫?

ラヴージュ

クラミジアの症状に、おりものの増加とそれに伴う「臭い」や「かゆみ」が。でも「頻繁に洗ってるのに臭いが気になる…」ということはありませんか?それは肌のバリア機能が低下したままで菌がすぐ繁殖してしまうから。ラヴージュは、生石鹸の「ぬめり洗浄」と、美容保湿成分が98.7%の保湿液で「肌のバリア機能を高めて菌の繁殖を抑える」というダブルのケアが出来るデリケートゾーン専用ケア用品です。
2015年デリケートゾーンケア口コミランキング1位商品

今なら45%引き!ラヴージュ公式HPで詳しく見てみる