妊娠・出産と性感染症

放置しておくと不妊の原因や他の性感染症への感染リスクが!

クラミジアを放置するとエイズ・淋病などへの感染率が5〜8倍に高くなるばかりか不妊の原因にもなってしまいます。気になる症状があるけど病院に行くのは…という方はSTD(性感染症)研究所の郵送検査が便利!周りに知られることなくコッソリ検査、結果もパソコンや携帯から知ることができます。国の認定事業者だから安心で確実です。

クラミジアのチェックと検査はこちらから

妊娠・出産と性感染症にはどんな関係がある?

性感染症の厄介なところは自覚症状に乏しい点です。しかもそれは男性よりも女性の方に顕著に見られるため、本人も気づかないまま病気を抱え続けたり、症状が進行してしまうケースも少なくありません。

 

そんな性感染症は妊娠・出産にも大きな影響を及ぼします。厄介なのは妊娠中は性感染症にかかりやすい環境にあることです。食欲不振や運動不足、睡眠不足などで健康状態が乱れやすいだけでなく妊娠中の体のメカニズムの変化によって膣の自浄作用が低下するなど性感染症の原因となる細菌が感染・増殖しやすい状況になってしまうからです。それだけに日ごろから性感染症に対する正しい知識のもとでちょっとした兆候も見逃さない対策が求められます。

 

性感染症が厄介なのは本人だけの問題ではなくおなかの赤ちゃんにも母子感染などの形で悪影響を及ぼしてしまう点です。また不妊症の原因、さらに症状が悪化すると流産の引き金になることもあるので妊娠前、子供を作ろうと思った段階で正しい予防と対策を行っていく必要があるのです。

 

もうひとつ注意したいのはパートナーとの協力です。たいていのケースではパートナーとのみ性交渉を行う形になりますから、もし本人が感染していた場合にはパートナーも感染している可能性が大です。そのため二人一緒に検査・治療を受けないと女性だけが治療して完治してもその後性交渉を行うと再び感染する「ピンポン感染」の状態に陥ってしまう恐れがあるのです。逆にパートナーの男性に何らかの兆候・症状が見られた場合にも自分への感染を疑って検査を受けるべきでしょう。

 

妊娠中に感染しやすい性感染症にはクラミジアカンジダ膣炎淋病梅毒膣トリコモナス症などが挙げられます。これらの病気を抱えたまま出産すると母子感染を引き起こす可能性が高いため必ず治療を行いましょう。そのためにも日ごろからほんのわずかな兆候も見逃さずに少しでも気になったら病院で検査を受ける心構えが必要です。産婦人科でも検査・治療を行っているので医師に相談してみるとよいでしょう。

あの部分のかゆみ・臭い対策は大丈夫?

ラヴージュ

クラミジアの症状に、おりものの増加とそれに伴う「臭い」や「かゆみ」が。でも「頻繁に洗ってるのに臭いが気になる…」ということはありませんか?それは肌のバリア機能が低下したままで菌がすぐ繁殖してしまうから。ラヴージュは、生石鹸の「ぬめり洗浄」と、美容保湿成分が98.7%の保湿液で「肌のバリア機能を高めて菌の繁殖を抑える」というダブルのケアが出来るデリケートゾーン専用ケア用品です。
2015年デリケートゾーンケア口コミランキング1位商品

今なら45%引き!ラヴージュ公式HPで詳しく見てみる