クラミジアの予防と検査

放置しておくと不妊の原因や他の性感染症への感染リスクが!

クラミジアを放置するとエイズ・淋病などへの感染率が5〜8倍に高くなるばかりか不妊の原因にもなってしまいます。気になる症状があるけど病院に行くのは…という方はSTD(性感染症)研究所の郵送検査が便利!周りに知られることなくコッソリ検査、結果もパソコンや携帯から知ることができます。国の認定事業者だから安心で確実です。

クラミジアのチェックと検査はこちらから

クラミジアの予防と検査記事一覧

クラミジアを予防するにはどうしたら良い?

クラミジアは感染力が強いため、予防がとても重要です。そのためには予防だけにド止まらずこの性感染症そのものに関する知識も踏まえておく必要があります。1番確実な方法はセックスをしないことですが、オーラルセックスやアナルセックスで感染する可能性があるので注意が必要です。セックスをしないというのはあまり現実...

≫続きを読む

おりもので性感染症が分かる?

女性にとっておりものは健康状態を確認する重要な手段でもあります。粘膜や組織の断片として排出されるおりものは雑菌が体内に侵入したり増殖するのを防ぐ大事な働きを持っています。正常な場合には半透明でわずかな粘り気がある状態ですが、健康状態の変化によって色や匂い、量が増える場合もあります。このおりものの変化...

≫続きを読む

クラミジアの自宅検査ってどんなもの?

クラミジアは早期発見がとても重要です。放置して症状が進行すると女性は卵管炎や不妊症の原因になることもありますし、なにより感染を拡大させてしまいます。しかし自覚症状に乏しいため、ちょっとした症状に気づいても医療機関で検査を受けることに抵抗を感じてそのままにしてしまいがち。これが感染の拡大の大きな要因と...

≫続きを読む

自宅でクラミジア検査を行う場合の注意点は?

クラミジアは感染率が高く、できるだけ早く治療を行わないと他の人に感染を拡大させたり、パートナー間でピンポン感染を繰り返してしまう恐れがあります。また女性の場合は放置しておくと卵管炎や子宮内膜炎、さらには不妊症へと進展していく恐れがあるのでなおのこと早期の治療が求められます。しかし気になる自覚症状など...

≫続きを読む

カップル間のピンポン感染ってなに?

性感染症の対策でもっとも注意したいのがピンポン感染です。これはスポーツのピンポン(卓球)に例えて名づけられた感染パターンのことで、原因のクラミジアトラコマティスをボールに見立ててパートナー間をいったりきたりして感染を繰り返す様を表現しています。A君とBさんというカップルがいると仮定しましょう。ある日...

≫続きを読む